1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わきがの手術ってどんなことするんだ?わきが手術徹底解説!

わきがを手術で治す!と思うとなんかわきの下を切るのかなーと、考えてしまいますけど、最近の手術では切開するということはほとんどないようです。いやなわきがの臭いとはおさらばしたいけど切るのはちょっと・・・と思っていた方に、今回のわきがの手術について読んでいただければと思います。

わきが手術には、”共立式ニューローラークランプ法”というのがあります。これは、皮膚をローラーで上から押さえ付けながら、特別な刃の付いたカニューレ(吸引管)で、皮膚の裏側からアポクリン腺などを吸い込んで除去します。この方法だと、皮膚の真下にあるアポクリ腺と皮脂腺を滑らかに取り除くことができます。この施術のかかる時間は20分ほどで、術後には小さな傷口に絆創膏をするくらいで済みます。この方法だと、ほとんど傷跡が残らない利点がありますね。

もう1つ、別の方法で”マイクロリムーブ法”があります。この手術法は、ほんの1センチばかりの入り口から、治療器を脇下の中にさし入れてわきがを治療する方法です。この手術で用いられる医療器具は、米国ストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーというものが使われます。非常に細いハンドピースの先端についたマイクロチップの回転エネルギーによって、アポクリン汗腺を破壊し、取り除いていきます。マイクロリムーブ法は、再び発症する心配もなく治療効果がとても高い方法になります。これも”共立式ニューローラークランプ法”と同じく、傷跡の心配も無く、回復もとても早いです。

その他には、アキシラレーザーという、皮膚の裏側から、カニューレを皮膚の下に挿入して、ダイレクトに汗腺にレーザーを当てて、アポクリン腺を破壊します。これもほとんど傷跡は残りません。術後は、ガーゼを当てて終わりになります。

以上のわきが手術が、最近主流になっているワキガ手術になります。治療も短時間で、傷跡も残らないのがほとんどです。一度美容外科にわきが手術や治療について問い合わせてみてはどうでしょうか?




テーマ : からだの悩み
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
わきが治療スクランブル!
  • seo
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。